2019年09月07日

【9/7(土)】バラダギですよーっ

防衛お疲れさまです!
バラダギですよーっヾ(・ω・')ノ

先月末からNetflixで配信された、『ダーククリスタル:エイジ・オブ・レジスタンス』を全10話+メイキングまでがっつり鑑賞しましたっ!

ああ、もう、ラストまで見たら満足と感動と悲しみの溜め息が凄い…。。

『ダーククリスタル』とは、1982年(83年に日本公開)に公開された、全てが架空の世界、架空の植物、動物に溢れた素敵なダークファンタジー映画です。
出てくる人物は全てマペット(人形)やアニマトロニクスに着ぐるみ!
監督は『セサミストリート』で有名なジム・ヘンソンさんです。

今回、Netflixで世界公開された作品は元の『ダーククリスタル』('82)の前日譚。
1話が約50分相当なので、結構がっつり集中して見ちゃいます。

何より素晴らしいのは、前作と同じく、登場人物(といっても人間ではなくゲルフリンというエルフのような生物)は全てマペット!
下に「パペティア」という人形師が動かしてマペットに命を吹き込んでいるのです。
これは見てみないと本当に良さが伝わらない作品。

全話鑑賞後にメイキングを観たのですが、もう…何から何までお金の掛け方が違う。
70〜80も組まれたセット、何十体ものマペット人形。
ところどころ背景などCGを使用しているシーンはあるのですが、映像とのバランスも良く独特な映像の暗さを引き出しているのです。

「人形劇」と言われたら「人形劇」なのですが、一種の芸術作品に近いと言っても過言ではないくらいのクオリティの高い作品です。

創作が好きな方や「特殊撮影技術」が好きな方は絶対に見てほしい作品です。
『ダーククリスタル』だけでも良いので是非見てみて!(AmazonにあるBlu-rayはお安いぞっ

と、今回は珍しく海外映画作品のお話。
たまーには国内からはみ出ても良いですよねっ

ではでは!
いつも通り!14時よりぷらんたんにてお待ちしておりますぞーっ(^▽^*)
先日公開された、「仮面ライダーグリス」の感想も諸々楽しみにしております!

posted by ぷらんたん at 14:18 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする