2019年10月08日

【10/9(火)】ねむりんです

防衛お疲れ様です。
ねむりんです。

仮面ライダーゼロワン、見進めて6話目。

毎回、割と重ためなテーマが垣間見える(どころじゃないときもあるけど)そんなゼロワンですが、
個人的に今回のお話はその中でもとても重要なんじゃないかなあ…と思っています(>_<)


いけないことだと分かりつつも、ヒューマギアに亡くなった娘の姿を追い求めた父親

父親を亡くし、その代わりとしてヒューマギアを心の支えてしている或人

自らが作ったヒューマギアである迅を息子と呼びながらも、
「ただ言うことを聞いていればいい」と言い放つ滅


親子というくくりのなかでそれぞれの関係性が描かれていて、その差異が気になります…。

一言に親子といっても、その実態はそれぞれで、仲睦まじつステキな親子もいれば、その逆も…。
親子で見ることが多いであろうライダー作品ということを考えると、
このテーマをどこに向かわせていくのかが気になるところです。

親子のあり方、その、いくつかの答え(答えというとちょっと違う気がするけれども)が出るのでしょうか…


親子といえば、或人くんの父親・其雄が或人くんを守るように亡くなったのは1話からも描かれています。
しかしその姿は明らかにヒューマギア。

ヒューマギアが父親?どういうこと?という疑問は、1話からずっとみなさんの中にもあるんじゃないでしょうか

父親の代わりとしてヒューマギアが存在していたのか、では本当の父親とは誰なのか、
それともヒューマギアの父を持つということは或人くんも実はヒューマギアなのか…

こんご明かされていくことではあると思うのですが、
きっと物語の核心に迫ることでしょうし、解明はもうすこし先になりそうですね


これからどうなっていくのだろう……或人のお父さんのことや迅と滅の関係性やその動きの真相などなど気になることがたくさん…!

ぜひみなさんともゼロワンについて語りたいです…!
本日もぷらんたんでお待ちしております!
posted by ぷらんたん at 14:52 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする